ゆりかご園|小田原市酒匂|児童養護施設|

2018年12月

職員の声

「ねこのおはなし」

                                                                                                                                  職業指導員

我が家は6人暮らしです。今時珍しい大所帯です。私と妻とねこが4人。1番の古株は「とら」くん、8歳♂。あとの3人は親子でおかあさんの「しろこ」さん、5歳♀。「もんた」くん、3歳♂。「はなまる」くん、3歳♂です寒くなってくると体をする寄せてくるのがねこのかわいいところで、晩酌中の私の膝に乗って付き合ってくれるのが、1日の終わりの楽しみとなっています。でもみんな私よりも妻の方が好きなようで、夜になると布団に入りこんでは押しつぶして困らせているようです。

 楽しい事ばかりではなく、これまで病気もケガもありました。紆余曲折いろいろありました。今ではすっかり家での生活にも慣れましたが、4人とも元は近所に住みついていた地域ねこでした。いつもお腹を空かせて泣いていました。体は汚れて、時には血だらけの時もありました。きっと凍えるような寒い日も耐えてきたんだと思います。

 夫婦2人とも動物が好きでしたが、ペットショップに商品として並んでいる綺麗な子よりも、この子たちをウチにお迎えしたいと思いました。ウチに来てからは、食べ物に困ることもなく、凍えることもなく、のんびりと暮らしています。そして私たちを幸せにしてくれています。

 いま日本は空前のねこブームですね。しかしその裏側には、商品としての価値の無くなった子たちや、飼えなくなって見捨てられる子たちも大多くいるそうです。みんな同じ命です。ねこだけでなく犬も同じですよね。どうかみなさんペットショップへ行く前に、こういった子たちの里親になることを検討してみてはいかがでしょうか。興味を持たれた方は「ある犬のおはなし」という本を検索してみてください。

 我が家は6人暮らしの大所帯ですが、みんな元気いっぱい賑やかで、幸せな家族です。

 

 子どもの声

「楽しかった思い出」

                                              ようらん 小3男児

ぼくは、ゆりかご園のクリスマス会で楽しかった事が3つあります。

 1つ目は、昼ごはんで立って、くじを引き、でた番号の所で食べる事です。くじをひくとき、ドキドキして「どの番号かな。」と思ってしまい、緊張してしまいます。けれど、そのあとは、「この番号か。」と思いました。

 2つ目は、各グループの出し物です。いろいろな出し物をして楽しくしたり、おもしろくしたりしてくれて、毎年みるのを楽しみにしています。大学生もげきをやってくれます。

 3つ目は、ピュージェットさんからのプレゼントで、今年はレゴとリュックをもらいました。みんなにプレゼントをくばっています。ぼくは、カードをもらいたいです。

また来年も、このように楽しくおもしろくしたいし、げきなどもやってみたいです。